日常の出来事

日常の出来事

キトサン効果

肺ガン治療中、咽頭にも発生したが回復      広島県  相田さん

私の闘病のはじまりは肺ガンでした。肺ガン治療のために放射線治療していたのですが、さらに新たに咽頭ガンができてしまったのです。

「これでは、何のためのガン治療かわからない」そう思って途方にくれていた頃に、友人から低分子キトサンをすすめられたのでした。低分子 キトサン効果については以前から知っていました。その効果が高いことは聞いていたのですが、なんとなく手に入れようという気にならなかったのです。というのも、これまで健康食品にはいろいろ手を出していて、広告でいわれるほどの効果を自分で体験したことは皆無といってもいいほどだたからです。

私自身の用い方にも原因があたかもしれません。飲み始めてからも継続できない。最初から「こんなもの効くのかな」という先入観からスタートする。そんあところが私にはあります。それでもあらためてキトサンに注目してみると「これこそ、ホンモノかもしれない」という期待を抱かせる、何かがありました。
「だまされたと思って、やってみるか」
飲んでから1ヶ月半ほどで、食事量がはっきり増えてきて、それまで衰えていた体力が回復しました。

「これはホンモノだ。これならガンを撃退できるかもしれない」
私ははっきりとそう思いました。それがやがて確信へと変わっていきました。
現在はもう普通食が摂れるようになっており、低分子キトサンの量も増やして一日4250ミリグラム
を5回に分けて飲むようにしています。病院の主治医にはキトサン効果のことは話していません。それでも、この前は「何か他に民間療法のよいなことをやていない?検査の結果がやたらよくなってきているのだけど」
と主治医にいわれました。私は黙って笑っていました。次の検査が楽しみです。不安感に満ちていた頃の自分が、今では嘘のようです。
キトサンバンザイ!そう大声で叫びたい気分です。(キトサン

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

オススメのサイト